ad

次打者について

投稿日:

次打者とは、打順表で打者の次に名前が記入されているプレイヤーのことをいいます。

当たり前のことですが、小学生の子どもたちには自分が誰の次に打つのか、しっかりと教えてあげないと、打順間違いを起こすことがあるので注意しておきましょう。

次打者席とは

次打者席とは、打者の次の打順のプレイヤーが待機しておく場所で、一塁側・三塁側両方に場所が決められています。

今までは、自チームの次打者席しか待機できませんでしたが、安全上の理由により一塁側・三塁側のどちらで待機しても良くなりました。

次打者は、必ず次打者席で待機しなければいけないというルールはありませんが、試合を円滑に進めるためには次打者が次打者席にいた方が良いでしょう。

ただし、小学生のソフトボールの場合、高学年の打席の時に低学年が次打者席にいることで危険と思われるときは、離れたところで待機している方が安全なのは言うまでもありません。

次打者席を離れてもよい場合

次打者は、次の場合に次打者席を離れてもよいと決められています。

  1. 自分が打者になるとき
  2. 三塁から本塁に進塁してくるランナーに指示を出すとき
  3. 打球や送球を避けるとき

次打者が守備側のプレイを妨げたときは

ボールデッドとなります。

  1. 次打者がランナーをアウトにしようとしている野手を妨害したときは、本塁に最も近いランナーがアウトになり、その他のランナーは妨害発生時に達していた塁に戻らなければならない。
  2. 次打者が飛球に対する守備を妨害したときは、打者走者がアウトになり、その他のランナーは投球時に占めていた塁に戻らなければならない。

ここでのポイントは、誰がアウトになって、ランナーはどこの塁に戻らなければいけないかということです。

ちょっとややこしくなっているので、しっかりと整理しておきましょう。

その他

次打者席についても、結構細かいルールが決められていますが、ローカルルールもあるのでその辺りは、大会規約等をしっかりと把握しておくことが大切です。

特に、次打者席にいるプレイヤーがどう待機しておくか、結構分かれるようです。

オフィシャルルールには、「次打者席に検定バットを2本まで持ち込むことができる」とありますが、プロ野球のように次打者席でバットを振っても良いのかどうか判断に迷うところです。

高校野球では、日本高野連の周知徹底事項が今春の選抜から変更されています。変わったのは「次打者は投球時には低い姿勢でプレーに注目する」という項目で、むしろ危険との理由から「低い姿勢で」という文言がなくなったようです。

投球に合わせてスイングは出来ませんが、タイミングを計るのは大丈夫ということですね。

小学生のソフトボールだと、次打者席では低い姿勢でプレーに注目するというのが、まだ一般的な感じがします。

どちらが正しいか、どちらが良いかは判断しかねますが、子どもたちが安全で楽しくプレーできるルール作りをしていき事が何よりも大切だと思うので、監督会議などでしっかりと議論してほしいと思います。

ad

ad

-打撃に関するルール

Copyright© 小学生ソフトボールコーチング理論思考ブログ , 2018 All Rights Reserved.