ad

バッター(打者走者)がアウトになるケース

更新日:

バッターがアウトになるシーンはたくさんありますが、ここでは誰でもわかることは省いて、審判員として悩むようなルールを分かりやすく解説していきます。

バッターの打球によるアウトの場合

フライやライナーを直接、野手が捕球したとき

フェンスがある場合は、フェンスに登って捕球してもアウトになる

小学校など境界線が設置されている付近での捕球の場合

  • 野手の足が境界線の内側、または線上にあれば良い
  • ジャンプして捕球する場合、身体の大部分が境界線内にあれば良い
  • いったん境界線外に出ても、再び境界線内に戻ってプレイするのは合法的だが、両足が境界線内に戻っていることが必要

キャッチャーが第3ストライクを落球した場合

  • キャッチャーがボールを確保して、バッターにタッチするか、バッターより先に一塁へ送球し、ベースに触れたときはアウトになる
  • キャッチャーから一塁への送球と、バッターランナーが一塁を踏むのが同時の時はセーフとなる
  • バッターがプレイの如何にかかわらず、ベンチに入ったときはアウトになる

インフィールドフライが宣告されたとき

  • バッターはインフィールドフライが宣告された時点でアウトとなる
  • インフィールドフライが宣告された打球が、塁を離れているランナーに当たったときは、そのランナーのアウトとなり、ボールデッドになる
  • 塁上にいるランナーに当たったときはアウトにはならず、ボールデッドとなる

バッターの走塁によるアウトの場合

スリーフットレーンでのアウトになるプレイ

  • バント処理した捕手からの送球が、スリーフットレーンの外側を走るバッターランナーに当たったときは、守備妨害でアウトになる(直接プレイ)
  • 一死、無死満塁で、ホームのフォースアウト後に捕手が一塁へ送球したが、スリーフットレーンの外側を走るバッターランナーに当たったときも、守備妨害でアウトになる。(介在プレイ)
  • バッターランナーにボールが当たった時点でボールデッドとなるが、直接プレイの場合、その他のランナーは投球時に占めていた塁に戻る
  • 介在プレイの時は、妨害発生時に占めていた塁に戻らなければいけない
  • 例外として、打球処理をしている野手を避けるためなら、スリーフットレーンの外側を走っても良い
  • スリーフットレーンの外側とは、ファウル側とフェア側の両方を指します

一塁上でのプレイによるアウト

  • バッターの打球が一塁へ送球されたとき、ダブルベースの白色部分にのみ触れて通過し、野手がアピールしたとき
  • 塁に戻る前に守備側からアピールがなければ、バッターランナーをアウトにする権利が無くなります

攻撃側メンバーの守備妨害によるアウト

ファウルフライの捕球を妨害したとき

ランナーコーチやランナーがファウルフライを取ろうとする野手を妨害したときは、ボールデッドとなりバッターランナーはアウトになる

ただし、塁上にランナーがいる場合は、バッターはアウトにならず、本塁に最も近いランナーがアウトになる

その他のランナーは、投球時に占めていた塁に戻らなければいけない

既にいるランナーが妨害した場合は、妨害したランナーとバッターの二人がアウトになる

次の打者が守備の妨害をしたときも、ボールデッドとなりバッターがアウトになる

故意落球とインフィールドフライのルール

  • 故意落球とは、守備側が有利にアウトカウントを作れるように、フライやライナーをわざと落とすことです
  • 故意落球をしたときは、バッターランナーはアウト
  • インフィールドフライが宣告されたときは、故意落球は適用しない
  • また、故意落球は外野フライには適用されない
  • ただし、バントフライには適用される

その他のアウトになる場合

  • バッターがフェアのボールに故意にバットあを当てたとき 捨てたバットにボールが当たったときはボールインプレイとなる
  • バッターランナーが野手のタッチを避けようと本塁側に後退りしたとき
  • バッターが本塁上でのプレイを妨害したとき 本塁に向かってきた三塁ランナーもアウトになる

まとめ

バッターがアウトにある場面って、結構多いと思います。

小学校のソフトボールの場合だと、インフィールドフライとかは公式の大会以外であまり取りませんが、一応覚えておいた方が良いものを載せてみました。

正直、何度ルールブックを見ても忘れてしまうことがありますが、審判をしながら少しずつでも覚えるようにしましょう。

ad

ad

-走塁に関するルール
-

Copyright© 小学生ソフトボールコーチング理論思考ブログ , 2018 All Rights Reserved.